*5月1日追記:6月テーマを「時給の上げ方」に変更しました
 
*2月26日追記:#1.  9月までのテーマと日程を決定しました
                         #2.  4月テーマを「地下2階」に変更しました
 
「教養ある人」というとき、たいてい「物識りな人」というイメージがあります。
 
しかし、JOYWOWは「教養は、稼ぐための習慣行動」ととらえます。
 
英語の「リベラル・アーツ(Liberal arts)」に込められた意味は
 
自由になるための技術
 
です。
 
 
日本テレビアナウンサー藤井貴彦さんは、
27年間、「5行日記」を続けることで言葉の力を培っておられます。
アナウンサーとしての言葉の力を生み出すために。
 
「被災地ではなくふるさとであり、がれきではなく誰かの思い出である」
 
という素敵なフレーズはこうして生まれました。
 
たとえば、「神社とお寺の違い」って、わかります?(笑)
 
JOYWOWの氏神さまは江戸の昔から「薬の町」として知られている道修町にある
少名彦(すくなひこ)神社、別名神農(しんのう)さんです。
 
ちなみに由歌利宅の「ビコ」は『古事記』に登場するスクナビコナに由来しています。
 
由歌利宅の「ビコ」は「スクナビコナ」に由来しています

ビコ

 
毎月の1日には「お朔日(ついたち)参り」して、
健康に働けることに感謝を伝えています。
 
一方、毎朝、自宅で、先にあっちの世界へ行った
親、親類、知人、友人、塾生など1人ひとりの顔と名前を
浮かべながら「般若心経」を唱えています。
 
もう15年くらいの習慣です。
 
これって、仏教的なんですね。
 
神と仏の違いって、何? 氏神さまって、何?
 
こういう基本的な知識を識り、それをいかに日常生活に行動習慣化していくかで、
稼げる額が確実に変わってきます。
 
ホント? 本当です。
 
月イチで、毎回変わるテーマについて60分楽しく語り合いましょう。
オンラインで。
 
いまの環境が落ち着いたら、取り上げた場所
・・・美術館、神社、お寺、自然など・・・
へみんなで遠足することも考えています。
 
【こんな人に最適!】
 
この講座は次の3人のために開きました。
 
・「なんとなーく、教養が欲しい、でも、たくさん本読んだりするのはイヤ」な人
・今よりもっと稼ぎたい人
・品を高め、自分ブランドを磨きたい人
 
【講義スタイル】オンライン(ZOOMを使います)
 
【講師】阪本啓一
 
【内容】現時点で考えているテーマは
 
2月「稼ぐための呼吸法
3月「稼ぐための神と仏
4月「稼ぐための地下2階
5月「稼ぐためのアート
6月「稼ぐための時給の上げ方
7月「稼ぐための感性
8月「稼ぐためのタオ
9月「稼ぐための古事記
 
 などです。随時このブログで公開していきます。
 
 
【期間】2月から月イチ。
初回は2月26日土曜日14:00-15:00 
テーマは「稼ぐための呼吸法」
 
第2回は3月19日土曜日14:00-15:00
テーマ「神と仏」
 
第3回は4月9日土曜日14:00-15:00
テーマ「地下2階」
 
第4回は5月21日土曜日14:00-15:00
テーマ「アート」
 
第5回は6月11日土曜日14:00-15:00
テーマ「時給の上げ方」
 
 録画するので、ご都合悪い人はアーカイブを観てください
 
【参加方法】興味のある回に手を上げてくだされば(阪本へのダイレクトメッセージで)
 
【参加費用】税込み5,500円
 
【月刊スケジュール】いずれも土曜日 14:00-15:00 オンライン *録画します
2月26日 「呼吸法」
3月19日 「神と仏」
4月9日  「地下2階」
5月21日 「アート」
6月11日 「時給の上げ方」
7月9日  「感性」
8月6日 「タオ」
9月10日「古事記」