未来を作る新しい才能を発掘する電子メディア出版

Orange Inc.(→クリック!)

フェースブックページはこちら(→クリック!)

おかげさまで、本日開店しました! パチパチパチパチ!

よろしくご贔屓賜りますよう、お願い申し上げます。

以下のインタビューで思いを具体的にお話しようと思います。

 

— Orange Inc.を始めようとされた動機は?

阪本(以下、太字は阪本)

新しいことをやりたい、というのが第一です。

2009年に、『JOYWOW「あり方」の教科書』を自主制作

した時から、構想はありました。

JOYWOWというか、著者としてのぼくの強みは自分自身が

コンテンツメーカーだということです。

そして、11年出版ビジネスに携わり、自ら30冊本を出させて

戴き、時には出版社営業マンと一緒に書店巡りまでして、

肌感覚で出版ビジネスに詳しくなった、

と思っています。

また、本業がコンサルタントですから、

「出版社がクライアントだとして、いまの状況を改善してほしい

と依頼されたら、自分ならどういうアドバイスをするか」

を常に考えています。考えて、考えて、考えました。

— 常に新しいビジネスチャンスは「不」を探せ、「不満・不安・不便」を顧客

目線で考えることだ、とおっしゃっていますよね。

そうですね。一人の本を愛する読者として、魂込めて書く著者として、何が

「不」なんだろう、と考えました。

「若者の本離れ」なんていう眠たい理由は理由にすら、なりません。

さらに、ぼくが生まれついての起業家である血も騒ぎ出しました。

— 起業家の血、ですか(笑)

言い換えると、ビジネスチャンスを発見する眼です。

出版ビジネスは一見、市場が縮小し、成熟しきっているように見えます。

販売サイド=書店はアマゾンが一強だし、出版社でも儲かっている社と青息吐息の

社との格差がますます大きくなってきています。実はどんな業界でも、そういう時こそ

新しいことに挑戦する大きなチャンスを宿しているのです。

また、本とかCDとか、そういうメディア形態を超えて、新しい動きがあるのも

チャンスに見えました。

— たとえば、具体的にはどういう動きですか?

マドンナがCDではなくライブをビジネスの中心にし、長く契約していたワーナーを

離れてライブネーション社と組んだこと、ポール・マッカートニーがスターバックスで

CDを売り始めたこと、リスペクトする矢沢永吉が東芝から独立して自社レーベルGARURU

レコードを起業したこと、などですね。しかもエーちゃんはGARURU(→クリック)

一発目のアルバム『Rock’n’ Roll』でオリコンチャート3位に放り込むパワーを

発揮しました。すごいよね。

また、村上龍が電子書籍の会社を立ち上げ、そこに瀬戸内寂聴さんが参加した

ということも大いに刺激になりましたね。

— ソーシャルなビジネス環境に出版社が追いついていない、ともおっしゃっていますね

そうですね。さらにもっと重要なのは、その発想を支えるOSです。

基本、出版社は「周回遅れ」の発想をします。前例とかヒット作品という

「企画会議で通りやすい」発想の中で動いています。

前例は作る!

という発想はできません。

だから、『もしドラッカーが女子高生の制服を着たら』とか

『ゾウをかなえる夢』

といった「柳の下のどじょう」タイトルが先にありき

なんです。

ぼくがパーミションでヒットを飛ばしたあとも、こちらが恥ずかしくなる

ようなタイトルの企画が山ほど送られて来ました。

— そうするとどんな問題があるんでしょう?

前例主義では若手の著者の発掘がなされません。

力はあるのに、書く舞台が与えられないのです。

もし与えられたとしても、出版社の意向に沿った書き方、企画の枠組みの中に

押し込められるでしょう。

そういう風にして若い才能が消えて行くのを何人も見て来ました。

音楽の世界でもそうですが、インディーズでライブやっている時はのびのびと

素晴らしいのに、メジャーなレコード会社と契約した途端、「どこかできいたような

音になっちまったなあ」と「小さくまとまって」そして潰されてしまったユニット

を、少なくとも数組、ぼくは知っています。

— 若手の発掘も、されるのですね?

そうです。メディアの可能性はまだまだ大きく、広がりがあると思います。

一緒に未来を作っていける若い才能と出逢いたいですね。

いまから準備して、2012年は毎月新作をリリースできるようにしたいと思っています。

ぼくがやろうとしているのはあくまで「電子メディア」で、「電子書籍」ではありません。

これからどんどん技術が発達していくでしょう。

表現方法も多彩に増えて行くはずです。

楽しみでなりません。

— 期待しています! でも、これからも紙の本は出すんですよね?

出しますよ。

これまでぼくの本を出してくださった出版社には感謝しています。

これからもよろしくおつきあいをお願いしたいと考えています。

いま、『気づいた人はうまくいく!』(日経)の文庫化の仕事を

進めています。紙の本は5歳の時から親しんでいますので、ひきつづき、出していきます。

企画は何本もあるし、オファはいつもありますから。

いつかはOrange Inc.でも紙の本を出すようになるかもしれませんし。

— こちらも楽しみにしています!

Orange Inc.ロゴです

Orange Inc.ロゴです

 

 



LINEで送る