6月 2013

Monthly Archives
こんな小さい人形になっても誰かわかるのは、ブランドの証拠

ブランドとは、価格である


なぜいま、ブランドが重要なのか。 一言でいえば、ネットのおかげで、企業と顧客の立ち位置が ひっくり返ったからだ。 人類は「検索」という新しい能力を手に入れた。 この新しく身につけた検索能力のおかげで事典&辞典ビジネスは … Continue Reading

0
あの「リッツカールトン大阪」もブランド分析します

「お前なんか、来なくていい」と断言できるのは、ブランド


・ブランドが立っていると、お客さんがあなたのビジネスに恋に落ちてくれる ・あなたの店がブランドになりたければ、なりたいブランドのように行動する ・ブランドは心理学。お客さんのこころにどうやって刺さるか。 数あるショップの … Continue Reading

0
FBで「一番ぴったりくるセリフを考えて下さい」と投げたら40件以上のコメントが寄せられた人気写真(笑)

笑いの多い会社は、儲かる


あなたの会社(店)は、にぎやかだろうか? 大声で笑える環境だろうか? まさか・・・ 聞こえるのはキィボードを叩く音だけ じゃないよね? ぼくは自分の旭化成時代の経験から、断言できる。 建材部門に新入社員で配属されたとき、 … Continue Reading

0
ビールスタンド重富さんは「生ビールを注ぐ」をクリエイティブにしている

つくって、生み出す


仕事は 直す(fix) 整える(arrange) 処理する(handle) のいずれかに分類される。 店舗の商品棚が乱れていたらきちんと揃え直すか、 整える。ルーティンの業務として処理される。 でも、お金になるのは、この … Continue Reading

0
IMG_3893

ブランディングとは、「手段の目的化」


0

ブランディングとは、「手段の目的化」への終わりなき追求である。 たとえば、NHK朝ドラ『あまちゃん』(→)北三陸鉄道は、 「通勤、通学のための手段」から、「なまりすぎるアキちゃん、美少女ユイちゃん に会える!」という「目 … Continue Reading

わが愛しの長寿商品「クッピーラムネ」

で、今期何をした?


0

昨日もこのブログで触れた 『The Future of Management』で著者ゲイリー・ハメルは 「Management is out of date」 いまのマネジメントは時代遅れ と喝破している。 そして、企業 … Continue Reading