ベトナム、ホーチミンへ行ってきた。

きっかけは、MAIDOの何かの宴会で盛り上がって

行く!

となった「らしい」のだがよくわからん。

そういうことはかなり多くて、あとになって

「なんで行くことになったんやろ・・・」

とアタマ抱えるイベントは多い。

ともあれ、ホーチミンへ行った。

事前の知識は皆無である。

行って驚いた。

若いのだ。

エネルギーに満ちている。

朝から晩までオートバイで走り回っている。

それで疲れない。

あと2年もしたら家の屋根たちも消えるのだろうね

あと2年もしたら家の屋根たちも消えるのだろうね

まさに日本の高度経済成長期。

人口が8900万人、うち5割以上が30歳未満という。

日本のサイバーエージェントを辞めてホーチミンで

ピザ屋を始めた Pizza4P’s(→) 高杉早苗さんと

お会いした。

ピザ屋開店までの経緯はここ(→)ここ(→)に詳しいので省くが

簡単にいうと

階段の段が高い市場を選択した

ということだ。

念のため添えると、

 Pizza4P’sのピザや野菜サラダは最高品質においしい。

ベトナムだから・・・

という妥協は一切ない。

世界のメジャーリーグな味だ。

ああ。こう書いていて、いままた食べたくなった!

さて;

日本はもう成熟しきっている。

階段そのものがない。水平。

また、顧客の要求も厳しい。

海外へバンバン行って、知識豊富だし、おいしいものいっぱい知ってるし、

サービスへの要求水準も世界一高い。

そこで「とんがる」のは相当難しい。

しかし、ベトナムのような「すべて、これから!」という市場で

あれば、

「自社で牛を飼育して、おいしいチーズを作り、ピザに使う」

ということだけでも十分参入障壁になる。

もちろん、「だけでも」というのは失礼なくらい

すごいことなのだが。

参入障壁は守ってくれる鍵だから、プロテクト・キィーと呼ぼう。

このプロテクト・キィーが、市場の成熟度で違うのだ。

日本は言ってみれば9を10にするようなもの。

9が10になったところで、よくわからない。

ベトナムなら、1がいきなり10になる。

この違いは大きい。

商売は、ベトナムであろうと、日本であろうと、

既存の何かにとんがりを掛け合わせることで生まれる。

ただ、何を掛け合わせるかは、市場の成熟度で違う。

ベトナムなら、

ピザ屋×おいしいオリジナル自社製チーズを使ったピザ

で十分とんがれる。

日本だとこうはいかない。

保護猫カフェ×楽しさ

で、ネコリパブリックがとんがれている。

多くの起業や新規プロジェクトは、

何かを掛け合わせる

ことを忘れている。

保護猫カフェ

だけだと、月島でもんじゃ焼き屋を始めるのと同じで、

目立てない。

保護猫カフェはもはや普通名詞になってしまっている。

だから、それに、他にないプロテクト・キィー「楽しさ」を掛け合わせるのだ。

もしあなたの商売が頭打ち感で「ちょっとこれは・・・」

と次の一手が見当たらないのなら、

掛け合わせる何かを見つけるといい。

業界あるあるの逆を行く、意外なものであればあるほどいい。

長野の墓石屋さん(→)がカフェを始めた。

これなんか、面白いよね。

ともあれ、元気をいっぱいもらったよホーチミン。

ありがとう!!



LINEで送る