小学生の頃読んだ詩に、こんなものがある(詳細忘れたので大意)。

おとうさんの仕事は荷物を運ぶ

坂を荷車引いて上がる

おにいさんと後ろから押してお手伝いした

でも ぼくは小さいから 役に立ってないだろうな

ちょっと押すのをやめてみた

下がった

あ ぼくでも 役に立ってるんだと

うれしくなった

<役に立っているという実感>

 組織風土と社員のモチベーションについて考えていて、

ふとこの詩を思い出した。

モチベーションを高める方策として、

給与、福利厚生、休暇、など、

さまざまな「仕掛け」や「仕組み」が考えられる。

しかし、それだけでは足りない。

やはり

「ぼく(わたし)は、役に立っているのだろうか」

という素直な気持ちに答えているかどうか。

だれが?

社長、上司、同僚、仲間。

そのためには、みんなでシェアするミッションとビジョンが必ず要る。

ビジョンは「こうなったらいいね」という景色。

イメージ。

ミッションはビジョンを実現するために何をするかという行動。動詞で表現だね。

JOYWOWでいうなら、ビジョンは

「ビジネスの世界にJOY(喜び)とWOW(感動)を!」

ミッションは

「すべての活動にJOYWOWを込める」

ビジョンもミッションも、雨が降ったり逆風が吹いたりした

時こそみんなのこころを温める役割を持つ。

顔を上に上げる力を持つ。

「部下のマネジメント」

なんて難しい言葉は要らない。

部下の

「ぼく(わたし)は、役に立っているのだろうか」

という問いに向き合う。

それだけでいい。

JOYWOW新本社移転祝いに戴いたキミノアカリ・オリジナルキャンドル

JOYWOW新本社移転祝いに戴いたキミノアカリ・オリジナルキャンドル



LINEで送る