「こうすれば、こうなる」

というのはニュートン力学である。

りんごを手放したら、落ちる。

工場がメインの経済では、有効だった。

製品品質を磨くには、

こうすれば、こうなる

ことを追究する必要があった。

しかしデジタル化され、人やモノがつながりっぱなしになった

現代では、もはやニュートン力学は限定的な効力しか発揮できなくなった。

「こうしても、こうならない」

ねこずかん(→)

開発者の岡山耕二郎さん(おかちゃん)は戦略的にPR(広報)を

打ち出す名人だが、そのおかちゃんをして

「ここまで広がるとはわからなかった」

と言わしめている。

ねこずかんの広がりは人知の及ぶものではなかった。

海外のロケットニュースにも取り上げられたり、それはそれはすごい増殖をした。

朝日新聞デジタル2017年3月22日付記事で「妖怪ハンコ」が取り上げられた(→)。

妖怪ですよ妖怪(笑)。おかちゃんはマイクロインタレストを満たす

フォーカス・マーケティングの達人だ。

話を元に戻そう。

世の中、

「こうしても、こうならない」「わからない」

のである。

しかるに、ビジネスの世界は、「理論」が大手を振っている。

「こうすれば、こうなりますよ」

「こうすれば、儲かりますよ」

「稼ぐための15の方法」

なんていうのはニュートン力学であり、限定的な効果しか望めない。

ではどうすればいいか。

読まなくていいのである(笑)。

こうしても、どうなるかわからない。

これが正解なのだ。

これでいいのだ。

写真は創業の地。

会社員時代、ここの二階に部屋を借り、Palmtreeと称して複業していた。

クソ暑い真夏、『パーミションマーケティング』を翻訳したのもこの狭い部屋だ。

それがどうなれば翌年NYへ渡り、起業し、911テロにあい、

代官山、学芸大へ、葉山へと移り、17年後また大阪へ本社を移すよう

になるのか因果関係なんてつかめない。

創業の地。

創業の地。



LINEで送る